夢の中の人【前編】

朝方、霧が出ていた。青い霧だった。短い夏をエンジョイするかのように鳥のさえずりが聞こえた。
その人が立っていた。僕の夢に出てくるその人の名前をなぜか僕は知っていた。何かわからないけれど、強烈に僕を惹きつけた。

僕の隣には佳代子が寝息を立てていた。安らかなその音は佳代子そのものだと思う。穏やかで気立てのいい女だ。一緒に暮らし始めて2年経った。僕は佳代子を愛していた。でも結婚するつもりはなかった。佳代子は耳鼻科で看護士をしている。何度かその耳鼻科に通ううちに、佳代子と顔見知りになった。ある日、たまたま入った居酒屋に佳代子がいて、意気投合。その時、電話番号とメールアドレスを交換した。その夜、佳代子からメールをもらった。

「お疲れさまでした。今日はありがとうございました。あんなに楽しいお酒は久しぶりです。お休みなさい」

「こちらこそありがとうございました。僕もとても楽しかったです。お疲れさまでした。お休みなさい」

佳代子は手足が長く、垢ぬけており、顔立ちも整っていた。居酒屋でも、男たちがチラチラ佳代子を見ていた。わざわざ僕にメールをしてこなくても、いくらでもいただろう。なぜ僕にメールをくれたのか、ちょっと腑に落ちない、そんな気分だった。

それから、3日後に、また佳代子からメールが来た。

「こんばんは。今日も一日、お疲れさまです。突然でごめんなさい。この前お友達から、映画のチケットを2枚もらったのですが、もし良かったらご一緒していただけませんか?他に頼める人がいなくて。星野さんにお願いするのも恐縮なのですが、もしよかったら今度の土曜日、空いていませんか?」

特に用事もなかったし、このところ仕事の疲れが溜まっていたので、綺麗な女の子と一緒に映画を見にいくなんて素敵じゃないか。正直うれしかった。

「お疲れさまです。どうもありがとう。僕でよかったら、お伴しますよ。映画の後は、食事でもどうですか?その時は、僕におごらせてくださいね」

「こちらからお誘いしたのに、何だかわるいのですけど、せっかくなので、お言葉に甘えさせてください。ありがとうございます。今度の土曜日、2時30分に、この前の居酒屋の前でお待ちしています。きっと来てくださいね?」

デートなんて5年ぶりだった。その間、誰かを誘ったことはなかった。とにかく独りになりたかった。佳代子の自然な誘いについつい乗ってしまった。でも悪い気はしない。むしろ温かなものを感じた。

仕事、仕事で、毎日それだけで一日が過ぎ、一週間が過ぎ・・・この繰り返しの味気ない日々だった。仕事にこれといった不満はなかったが、遣り甲斐もなかった。親父の後を継いで、中古車販売の会社を経営している。子供の頃から車は大好きだった。でも親父の後だけは継ぎたくはなかった。
親父と僕は水と油のように相性が悪かった。何かにつけ衝突し、中学、高校と十代の頃はほとんど口も聞かなかった。

その親父がある日、心臓発作で倒れた。病院に駆けつけた時はまだ意識があった。

「ゆづるはよくがんばっているなあ」

親父の最後の言葉だった。涙が溢れて止まらなかった。もしも親父が、会社を継いでほしいと言ったら、僕は多分継がなかっただろう。でも親父は最後、真っすぐ僕を見てくれた。それだけで十分だった。この人のために何かしたいと思った。
あれから7年、最初の1年間は無我夢中で働いた。毎日が残業だった。忙しかったが充実していたし、恋人もいた。

恋人とは、忙しさのあまり会えない日々が続いた。最後に会った日から、2ヶ月ほど経ったある日、

「お世話になりました。他に好きな人ができたの。さよなら」

それだけ書かれた短いメールをもらった。僕はなんて書いたのかよく思いだせない。どこかでこうなるだろうと予想はしていたが、やはりショックだった。本当に好きだった。結婚したいと初めて思った女性だった。あんな風に心変わりできることが、僕には信じられなかった。
考えてみれば、親父が死んでからといもの、ほとんど会えずにいた。それでも彼女は毎日メールをくれた。朝はおはようと必ずメールをくれたし、夜は、お疲れさま、お休みなさい、とメールをくれた。
僕のほうは会社を継いでからというもの2、3ヶ月に一度、メールをすれば良いほうだった。
「当たり前だよ。もっと大事にしてあげたら良かったんだよ。あんなにおまえのこと想っていたのに・・・。彼女の気持ち、考えたことあったのか?」会う友達、みんなにそう言われた。

土曜日、2時30分、佳代子はすでに来ていた。グリーンのサマードレスに、赤いウェッジソールのストラップサンダルが映えて、とても綺麗でキラキラしていた。

「早かったね。待たせてしまったのかな」

「ちょうど今、来たところよ」佳代子の額の生え際にうっすら汗が光っていた。

それから僕らは映画を見て、食事に行った。食事は美味しいと評判のフレンチレストランを予約していた。それぞれのテーブルにはキャンドルが灯されていて、豪華で落ち着いた雰囲気を醸し出していた。切れ長の佳代子の目が優しく僕を見ていた。

「すごく美味しいです。今日は本当にありがとう。映画に付き合ってもらったうえに、こんなに素敵なレストランでお食事までいただいて」

それから半年後、佳代子は僕のマンションに引っ越してきた。彼女は申し分がないほどよくできた女性だった。

朝の風【後編】

なぜああいうことになったのだろう。京子は奥手だった。桜井も奥手だった。なるようになったとしか説明がつかなかった。何度も別れようとした。でも別れられなかった。
桜井英人は二人の関係をとくに隠そうともせずに、まったく普通にしていた。そんな能天気なところに育ちの良さが出ていた。

「ああ、結婚しているよ。なんて言うか、年齢的にそろそろ結婚して、親を安心させてあげようと思ったんだ。僕は毎日、仕事で忙しくてほとんど家にいなかった。そんな生活でも良いと言ってくれてね。お見合い結婚に入るのかな」

(これ以上、聞いたところで何が変わるわけでもないし、もういい)
黙って、頷いた。

桜井は一度、家庭についてこう説明した。京子は桜井の家庭について何も聞かなかったし、桜井も必要以上に話すこともなかった。

桜井の妻という女性が訪ねてきた後、桜井はいつもと変わらず、おっ!と言って笑顔で京子に会いに来た。

「来たんだってね。悪かった。気にしなくていいよ。時々ヒステリーを起こすんだよ。でももともと冷静な人だから、君は気にしなくていいよ。僕が話をつけるから」

心のなかに穴が空いていくようだった。彼は状況をわかっているのだろうか?そんな具合で、同じ調子で、時間が過ぎていった。

「そうね・・・」

と言葉を返して、微笑んだ。

(あなたは私の気持ちを知らないのね?いつまでもこんな風に、あなたに調子よく合わせているなんて思ったら、大間違いよ。あなたのことは好きよ。でも別れなければいけないのよ、私たち・・・)

「あ、ニュースがあるの。私ね、今度の金曜日にお見合いをすることにしたの」

「僕はそんなこと認めないよ」

「あなたの許可なしにお見合いするわよ」

「うまくいきっこないよ。君は僕の恋人なんだ。恋人がいるのにお見合いをするってどういうことだよ?どうかしているよ」

「英人さん、どれほど支離滅裂なことを言っているのかわかっているの?私は一夫多妻になるつもりはないわ。最後は男らしく、カッコよく見送ってね。」

「そんなこと、できるわけないだろう?」

「めめしくても、カッコ悪くてもいいから、見送ってね」

「今日はとりあえず帰るよ」

京子の胸は張り裂けそうだった。英人が帰って後、枕で顔を押えて、声を上げて泣いた。翌日の早朝、鳥のさえずりで目が覚めた。カーテンを開けると、朝日がさんさんと降り注いでいた。

(誰の上にも太陽は昇るって本当ね)京子は前を向いて生きていこうと思った。

金曜日、庭園のあるレストランでお見合いをした。須藤は気さくな紳士だった。レストランでお茶をした後、二人で庭園を歩いた。須藤との会話は心地よく、京子の心に響いた。

「京子さん、僕のこと覚えていますか?4年前、展覧会に絵を出品されたでしょう?あの頃からあなたにお会いしたいと思っていたんですよ。名前と写真を見た時は本当にびっくりしました。こんなことってあるんだなと」

「そうだったのですね。うれしくてなんて言ったらいいのか、言葉が浮かびません。けれど・・・ありがとうございます。覚えていてくださって、感激です」

「これも運命なんでしょうか。初めてお話するのにこういうことを言うのもなんですが、あなたとの間に絆を感じているっていうか、初めて会った気がしないんです」

「初めてではありませんわ。展覧会で私の絵に何かを感じてくださった。その時、私たち出会ったのですね、きっと・・・」

「来週の土曜日、もしよかったらピアノのコンサートに行きませんか?ちょうどチケットが2枚、手に入ったものですから」

「はい。私、ピアノが大好きなんです。うれしいです」

「17:00開演で、16:30開場なので、一緒にお昼をして、それからコンサートに行くっていうのはどうですか?」

「素敵ですね。よろしくお願いします」

「じゃあ11時に迎えに来ます」

穏やかに話を切り出し、リードする須藤の頭の良さと、男らしさに、京子の胸は高鳴った。須藤は最初から、京子を誘うつもりでチケットを購入し、用意してくれたのだろう。そんな須藤の大人の優しさに、桜井からは感じられない大らかな思いやりを感じた。須藤になら、安心してついていけると思った。

翌朝、京子は桜井にメールを書いて、送信した。
英人さん

これまでありがとうございました。
最後は、穏やかに終わらせてください。
あなたと過ごしたこの3年間は、
私の人生のなかでも美しい色彩を放った時間でした。
あなたはとても素敵な方です。
どうぞお身体にお気をつけてくださいね。

もう会うことはありません。

さようなら

京子

窓のすき間からやわらかな朝の風が入り込み、京子の頬をやさしく撫でていった。

朝の風【前編】

美佐子のテンションは異常に上がり、朝からバタバタと掃除をしていた。毎日、小まめに掃除をするタイプではなかった。思い立ったら吉日、そんな風に、一気にまとめて掃除をした。

「あんたも手伝ってよ」

「今は無理よ。こっちを先に片付けないといけないのよ」

美佐子が大事な話があると言うので、京子は2ヶ月ぶりに実家に帰ってきた。今日の美佐子は何だかうれしそうだった。

「ねえ、京子、あなたに良い話があるのよ。どう、素敵じゃない。お医者さんなのよ。これ で京子も将来は安泰よ。あなたが落ち着いてくれたら、お母さんも助かるわ」

「お母さん、私、まだ27よ。結婚する気なんて当分ないわよ」

「何言ってるのよ。まだだなんて。もうでしょう?女はね、若ければ若いほど、市場価値が上がるのよ。決めてしまいなさい。相手の方は須藤芳樹さんという方でね、前に一度だけ結婚していたんですって。でも子供はいないそうよ。お仕事が忙しすぎて、ついつい家庭をおろそかにしてしまったのね。歳は45よ。こんなに良い話はなかなかないわよ」

「わかったわ。考えとく」

「考える前に、一度会ってみたら?あなたのこの前の、えー、なんて言ったかしら、桜井さんだっけ?あの人より、ずっといいじゃない。だって須藤さんは独身なんですからね」

「お母さんって、古傷を抉るようなことが本当に好きね」

「どれだけ心配したか・・・。京子もいつか親になったらわかるわよ」

母は泣いていた。けして仲の良い親子ではなかった。むしろ仲が悪かった。それでも母の涙は、京子の胸に刺さった。

(私だって、何もわざわざ結婚している男の人を好きになったりはしないわ。好きになった人が、たまたま結婚していたのよ)

1年前の騒動を京子は思いだしていた。

「桜井の妻でございます」

アルマーニで身を固めたその人は、そう言った。

「あなたが京子さん?単刀直入にお話させていただきますけれど、桜井とは別れてください。子供もいることですし。ここに少しあります。これで勘弁してくださいね 。もしも別れていただけないようでしたら、こちらにも考えがあります。その時は裁判をしてでも、別れていただきます。費用はすべてあなた持ちという結末になりかねませんよ。あ、そうだわ。慰謝料も請求いたしますから、そのつもりでね」

「これは受け取れません。桜井さんとは別れたいと思っています。何度もそうお願いしているのですが、桜井さんが別れてくださらなくて、私自身困っていました。桜井さんにそうお伝えください」

言いたいことを言った後、桜井の妻と言う女性は帰っていった。

(この人は私の魂に値段をつけるつもりかしら・・・)

母は始終、申し訳ございません。必ず別れさせますから。二度と、会わないようにきつく叱りますから。と、ただ頭を下げて、相手の顔を見ようとはしなかった。

「お母さん、お母さんには辛い思いをさせて悪かったと思っているの。でも私、桜井さんのことが本当に好きで・・・」

「何を言っているの。今日で別れなさい。いいわね。お母さんは絶対にそんな関係は認めませんよ」

ああしろ、こうしろ、あれはしてはいけません。そんなことばかり言われて育った。

京子は一ヶ月後、家を出た。地元から2時間ほど行った街で、新たに人生をやり直そうと、一人暮らしを始めた。
アパートは新築で、綺麗だった。ベランダに買ったばかりのハーブの寄せ植えを置いた。京子の部屋は4階だった。風が心地良かった。