夕闇の月【後編】

「敦子が家にいるから、安心して家を空けられるわ」

両親はそう言って、二人で2泊から4泊の旅行に行った。実家には12歳になる雌猫がいた。敦子にとてもなついていて、座っているとどこからともなくやってきて、膝の上に乗った。なでると気持ちよさそうで、その穏やかな表情に敦子の気持ちもほころんだ。

早朝と夕闇の頃、敦子はカメラを持って散歩に出た。それから撮った写真をブログに載せた。洋介は敦子のブログに、最初にコメントを書いてくれたゲストだった。
敦子は洋介と言葉を交わしていると、不思議な安らぎを覚えた。深く抱擁されているような、心の温もりを感じた。好きになるのに時間はかからなかった。

「今度、コーヒーでもどうですか?敦子さんさえよければ、本当は食事に誘いたいんだけれども。美味しいお店知ってるんですよ。それとも気楽な感じで居酒屋のほうがいいのかな?今度の土曜日はどうですか?」

「両親が旅行に行っていて、家で一人なんです。誘っていただいて嬉しいです」

「僕たちタイミングもピッタリですね」

そんな風に素直に喜びを表現してくれる洋介に、敦子は信頼を覚えた。洋介は来るもの拒まずで、誰とでも話をしたが、とてもプライベートな人だった。内面世界を大切にしている、何か面白いことを考えている、彼からはなにかしら伝わってくるものがあり、敦子の心のひだを震わせた。

食事はとても美味しかった。洋介のセンスの良さと優しさを、じんわりと人柄を感じた。食事の後、二人は夜の街を散歩しながら話した。秋の街はネオンで彩られ、肌寒さを忘れるほど、会話は弾んだ。一瞬、風が吹いて、アッと気を取られている瞬間、敦子の手は洋介の手にすっぽり包まれていた。

「お酒に付き合ってくれませんか?」

「ええ、喜んで」

洋介が連れていってくれたお店はジャズバーだった。オーナーの音に対するこだわりが行き届いているシックな空間で、照明はやわらかく落としてあり、グラスが夜の明かりでキラキラ綺麗だった。そしてジャズのレコードが流れていた。敦子はうっとりと聴き入った。

「敦子さん、ここいいでしょう?」

「ほんとに素敵ですね」

「あれ、洋介さん、今日は一人じゃないんですね。あ、初めまして。大久保と言います。洋介さんがお連れさんと一緒だなんて初めてですよ」

「宮脇敦子さん。僕の彼女です。なんて言ったら怒られちゃうかな。一度、宮脇さんとこのお店で飲みたいって、前から思ってたんです」

「それはうれしいですね。一度なんて言わずに、宮脇さんとご一緒に、いつでも来てくださいよ」

「はい。ありがとうございます。ぜひ・・・」

アン・バートンのハスキーで艶のある落ち着いた歌声が、しっとりと響いている。

「敦子さん、僕たちが出会った日のことを覚えていますか?僕はよく覚えています・・・。最初からあなたに惹かれていました」

洋介は真っすぐ敦子を見ていた。敦子の頬は赤く染まり、体は息苦しいほど熱かった。心のなかを洋介に見透かされてしまったようで、恥ずかしくなり瞳を伏せた。直ぐには言葉が出てこなかった。
カクテルで喉を潤した。

「外に出ませんか?」

「はい」

秋の街路樹は鮮やかで、夜の街をノスタルジアに染めていた。
「敦子さん、この2年間僕たちはほぼ毎日、言葉を交わしてきました。交流があった・・・。僕はこれまで誰かと、こんなに親密になったことはありません。あなたといると、安心して僕は僕でいられる。あなたも同じでは?僕はそう感じていますよ。敦子さん、これからの生涯を伴にしていただけませんか?」

いつかこの日が来ることは感じていた。でもいつかはわからなかった。時折、現世では叶わないのかもしれないと思うことで、諦めようともした。

敦子は頷いた。

洋介が敦子を抱きしめた。洋介の胸は温かかった。

「ずっと好きでした」

「私も・・・」

二人の鼓動は響き合い、澄んだ夜空には月が輝いていた。