離婚のカギ【第2話】

やがて落ち着いてきた彼女は朝から全く寝ていないこともあり、いつの間にかソファーで寝てしまっていた。起きると時刻は19時過ぎ。

携帯を開くと久保田からメールが届いていた。

「悪い、寝ていた。何か用?」

すぐに電話をしようとも思ったが、また出ないような気がしたので彼女はメールで写真の入っていた封筒のことを伝え、関係を終わらせたいという旨を伝えた。

返信はすぐにきた。久保田のほうは特に驚いている様子もなく、関係を終わらせることに関しても特に反対はしなかった。こうして二人の半年の不倫関係はあっさり終わったが、真由美の中にはまだ問題が残っていた。

手紙の送り主も分からず、またいつ同じようなものが送られて、不倫をネタに脅されるかわからない。或いはこれは夫の依頼した浮気調査なのかもしれない。そうだとすれば離婚は免れないし、生活はめちゃくちゃになる。

不倫をした当初、もしかしたらばれるかもしれない。そう思った時もあったが、それでも仕事で家を空ける夫のいない孤独に対する不安は消えなかったし、寂しさの方が罪悪感に勝ってしまった。

けれどもそれはもしばれた時に離婚を覚悟していたということとは別の問題で、久保田と不倫をした当初から今まで彼女はこの関係が第三者や夫にばれることが怖かったし、そのことで家庭が終わりを告げるのが何よりも恐ろしかった。

それが今現実になろうとしている。

しかし白い封筒が届いてから一週間してからも、特に何も起きなかった。家に帰ってきた夫も不倫のことや封筒のことに気づいている様子はなく、久しぶりに暫く家にいられる時間が作れると呑気に喜んでいた。

この日は真由美もパートがなく、夫も仕事がなかったので久しぶりに二人で出かけようということになり、近くのショッピングモールに来ていた。

夫の洋服や真由美のアクセサリーを見て、夕飯の買い物をしているうちに段々と封筒のことや浮気のことも真由美の頭の中から消えかけていた。

「ここのアクセサリーショップ、付き合っていた頃よく二人で来ていたよな」

そう徐に夫が口を開いた。特有名でもないその店は、ハワイアンジュエリーや変わったネックレスなどが多く、お揃いのネックレスや指輪を二人でよく買った場所だった。

買ったアクセサリーにはレーザーで刻印をしてもらったりすることもでき、値段も手頃なので学生カップルと見られる客が多くいた。

「久しぶりにお揃いのネックレスでも買おうか」

そういって夫は店内に足早に進んでいく。

「これなんかどう?」

夫が手にとって見せてきたペンダントトップを見た瞬間、真由美の中で忘れかけていた記憶が蘇った。それは一週間前に彼女の家に届いた封筒の中に入っていた無記名のペンダントトップと全く同じ物だったのだ。

しかし夫はそのことを知っている風ではなく、一人でそのペンダントトップの中に入れられる石を選びながらはしゃいでいた。

買い物の間真由美は殆ど会話や中の石、チェーン選びのことは記憶になく、上の空で買い物をしていた。

「ポイントカード持っているでしょ?」

夫のその言葉で我に返った真由美は慌てて財布の中からショッピングモールのカードを取り出し夫に渡した。

返されたカードを財布にしまいそのままジッパーを閉めようとしたとき、彼女は気づいた。一週間前、確かに財布の中に閉まっておいた無地のプレートが消えていることに。