相手の居ぬ間に・・・【後編】

そこからのことは、またもや覚えていない。ただ朝起きると、案の定ホテルにおり、隣には素顔の占い師が眠っていた。切れ長の目がりりしい男顔の美人だった。それから何度か、私は占い師と浮気の関係を楽しんだ。向こうも浮気をしているのだから、と思うと、妻への罪悪感もなく、むしろ妻の嫌がらせへの復讐ができているようで、快感を感じていた。
ある日、占い師の女が私に提案した。
「今日は奥様が夜遅い日でしょう?」
そのころになると、妻の浮気のパターンがわかるようになっていた。パターンを作るなんてバカなことをして、私に見破って欲しいのだろうか。
「そうだけど、それが?」
「じゃあ私、あなたの家に行きたいな」
本来これは断る提案だ。だが、妻の大胆な行動に対してやり返したいという思いがあり、私もまた大胆になっていた。私は彼女を連れて自宅に戻った。
家で肌を重ねていると、車の排気音が聞こえた。私は焦った。こんな早くに妻が戻るなんて。私は、慌てふためきつつ、彼女に
「二階に隠れてくれ! 妻は絶対に上までは来ない、無精者だからな。そのうち隙を見て逃げるんだ」
と言った。彼女は全裸のまま急いで二階へ逃げていった。乱暴に脱ぎ捨てた服をかき集めて彼女に渡す時間はなかったので、とっさに庭の軒下に入れた。
入れ替わりに妻が入ってきた。浮気しに行く時の服装だった。妻は少しも驚いていない様子で言った。
「あら、早かったのね」
私も刺々しく言葉を返す。
「おまえこそ、ずいぶんお洒落してるんだな」
それには答えず、妻は私に言い放った。
「あなた最近、残業だなんて嘘ついて、遊び回ってるんじゃないの」
あまりの言いぐさに私は唖然とした。まさか妻に喝破されているとは思わなかったが、それ以上に、自分のことを棚に上げてずけずけ指摘してくる根性に腹が立った。
「何だと! それはおまえの事だ! おまえ浮気してるんじゃないか!」
「やっぱり私の後をつけていたのね。浮気じゃないわよ、あれは。探偵と会って調査報告を聞いてたの。あなたの浮気を探るために」
「なんだと?」
妻は無言で写真を差し出してきた。占い師の女と楽しそうに歩く私が写っていた。
「まて、おまえが初めての浮気をしたとき、俺はまだ―――」
言いかけて、口を噤んだ。認めたようなものだった、自分の浮気を。
「調査が空振り続きだったから、そろそろやめようと思ってた所だったの。ところが、最後の調査で浮気の証拠をおさえることができた」
ふいに、窓を叩く音がした。ジュンヤが、女物の下着をくわえて、窓に頭を叩きつけていた。
「あれも証拠ね。まさか家の中に招くなんて不用心だわ」
私はもう言い逃れできず、その場にへたりこんだ。
「これであなたと離婚できるわ。さんざん嫌がらせしたのに出ていってくれないんだもん。早く出ていけば、慰謝料まで取られる事は無かったのにね」
妻は厭らしく笑った。

それからの顛末だが、私と妻は離婚した。慰謝料をたっぷりと取られた。妻の浮気は私の思いこみだったというのだ。占い師の女はいつのまにか逃げていて、連絡も取れず、私は責任を一人で背負い込む事になった。世の中は理不尽だ。ただ、やはり浮気などするものではない。
ある日不思議な夢を見た。
辻占いをしている女のもとに、妻だった女がやってくる。元妻は男連れだ。あの日、車を運転して元妻を迎えにきたあの探偵だ。
「あなたが芝居してくれたお陰で、あの男を騙すことができたわ。感謝してる」
占い師の女は微笑した。
「いいのよ。すぐに浮気しちゃうような男、許せないもの。新しい恋人とお幸せにね」
すると元妻はくすくすと声を立てずに肩で笑った。
「新しいというか、ヨリが戻ったのよ。いこ、ジュンヤ」
元妻はうれしそうに、探偵―――いや、探偵役の男・ジュンヤの手を取って、夜の町へ消えていった。
もしこれが正夢だとするなら、世の中は本当に理不尽だ。